« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月に作成された投稿

葉鶏頭

禿親父 その系統と 葉鶏頭

 
 
 
 
 
 
 
 
           ・・・・・早めの毛糸傾倒す・・・・・

| | コメント (0)

宵闇

宵闇や 遭遇したる 月の出に

 
 
 
 
 
 
 
         ・・・・・待つ間も愛でる心かな・・・・・

| | コメント (0)

秋日傘

土産手に 実家への道 秋日傘
                                                     
 
 
 
 
 
 
 
 
              ・・・・・微笑む親の顔見たさ・・・・・

| | コメント (0)

葡萄

一段と 深むる味の 葡萄かな

 
 
 
 
 
 
        ・・・・・珠玉のピオーネお土産に・・・・・   

| | コメント (0)

竹の春

威勢良く 皮を脱ぎつつ 竹の春

 
 
 
 
 
 
 
           ・・・・・若竹なれとど侮れず・・・・・

| | コメント (0)

撫子

なでしこの さ揺らぐ風情 大和かな



 
 
 
 
 
 
              ・・・・・床しさ故のたおやかさ・・・・・
 
風情(ふぜい)……おもむき・あじわい

| | コメント (0)

玉蜀黍

良く実り 玉蜀黍の おやつかな

 
 
 
 
 
 
 
           ・・・・・腕白たちも大満足・・・・・
 
玉蜀黍(とうもろこし)

| | コメント (0)

藤袴

耀然の 丸木橋そば 藤袴

 
 
 
 
 
 
          ・・・・・どこへお出かけ袴履き・・・・・
 
耀然(ようぜん)……光輝くさま・明らかなさま          袴(はかま) 

| | コメント (0)

秋明菊

碧空の 秋明菊に 気の迷い

 
 
 
 
 
 
 
             ・・・・・ 幼馴染みの今何処・・・・・

| | コメント (0)

鐘叩き

すずやかに 装備十分 鐘叩き

 
 
 
 
 
            ・・・・・凌駕したるか音色かな・・・・・

| | コメント (0)

花野

多様なる 咲きし一面 花野かな


 

         ・・・・・囲まれ至福浄土かな・・・・・




| | コメント (0)

虫時雨

賑やかに 木漏れの草と 虫時雨


 
 
 
 
 
 
 
           ・・・・・根限りとて交しせり・・・・・

| | コメント (0)

鰯雲

別離とや バスを見送る 鰯雲




 ・・・・・いつかの再会楽しみの・・・・・

続きを読む "鰯雲"

| | コメント (0)

秋霖

秋霖や 日数重ねて 過ごしおり    

 
 
 
 
 
 
        ・・・・・山幸出会い楽しみめ・・・・・

| | コメント (0)

萩の郷  さすか魅了す 多数かな

 
 
 
 
 
 
 
          
          ・・・・・いすしか鹿の来るかもよ・・・・・

| | コメント (0)

白露

ハンドルも 遠目山並み 白露かな

 
 
 
 
 
 
             ・・・・・土産に親の顔浮かび・・・・・ 

| | コメント (0)

深む宵 袖振草の 魅力増し

 

 

 

 

                 ・・・・・名残りも尽きぬ今暫し・・・・・

 

袖振草(そでふりぐさ)……薄(すすき)の異称

| | コメント (0)

露草

縹色 想い託せり 帽子花
 
 
 
 
 
 
         ・・・・・路傍一杯群れており・・・・・
 
縹(はなだ)……薄い藍色                一杯(ひとはた)

| | コメント (0)

防災

寂にして 防災の日の 九月かな


 
 
 
 
 
 
                 ・・・・・今日の安穏過ぎゆかば・・・・・
 
寂(じゃく)             安穏(あんのん)

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »