« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月に作成された投稿

土筆

土筆摘み 幼子ととも 空見上げ

  
 
 
 ・・・・・今日も楽しきこの陽気・・・・・
土筆(つくし)

| | コメント (0)

野水伊織

陽炎の 水和え添えし 祝いおり

 
 
 
           ・・・・・ささやかなれど宴かな・・・・・
水和え……煎り酒と酢で和えたもの

| | コメント (0)

繁縷

運べたり 箱根箱詰め 繁縷燃ゆ

 
 
 
           ・・・・・羽衣方舟運び込む・・・・・
 
繁縷(はこべ)

| | コメント (0)

雲雀

この願い 天に届けよ 告天子

 
 
 
 
             ・・・・・ビ-チクバーチク声高く・・・・・
告天子(こくてんし)……雲雀(ひばり)のこと

| | コメント (0)

山笑う

荷造りに 仕事の決意 山笑う

 
 
 
          ・・・・・力の入る支度かな・・・・・

| | コメント (0)

春泥

春泥の 山野を翔る 靴憾み

 
 
             ・・・・・楽し過ごした後始末・・・・                                                                                       
翔(かけ).る      憾(うら)み

| | コメント (0)

暖か

あたたかな 日和誘われ 見る擬宝珠

 
 
 
             ・・・・・架かる名園人手なり・・・・・
擬宝珠(ぎぼ゛し)

続きを読む "暖か"

| | コメント (0)

途次 今日この頃の 芹に見た

 
 
 
 
      ・・・・・季節の息吹満喫す・・・・・
途次(みちすがら)

| | コメント (0)

楓の芽

日を追って 顔揃えたり 楓の芽

 
 
 
           ・・・・・日差しにっこりさ揺らぎの・・・・・

| | コメント (0)

マラソンの 応援暫し 霞かな

 

 

             ・・・・・勇姿次次アスリート・・・・・

暫(しば)し

 

 

 

| | コメント (0)

ひとや草

ひとや草 弁当開く 楽しかり

 

 

           ・・・・・腰掛く傍に恥ずかしげ・・・・・

ひとや草……菫(すみれ)の別名

| | コメント (0)

桔梗の芽

首途にも 咲くか一輪 桔梗の芽

 

 

           ・・・・・祈念せるとの旅立ちに・・・・・

首途(かどで)

| | コメント (0)

東風

東風吹いて 呼び起こせるか 謎句とて

 

 

              ・・・・・眼に浮かび来る後ろ髪・・・・・

東風(こち)

| | コメント (0)

啓蟄

啓蟄や 思いは一つ 安寧に

 

 

         ・・・・・世情の経緯知らしめり・・・・・

| | コメント (0)

春の雷

本年の 春の雷 作業かな

 

 

        ・・・・・鍬に力も込めおりぬ・・・・・

雷(いかづち)

| | コメント (0)

幼子の 雛に似足るも 入相に

 

 

            ・・・・・育む時も今暫し・・・・・

入相(いりあい)……日の入る頃/夕暮れ

| | コメント (0)

春めく日

春めく日 筐一杯 摘みており

 

 

         ・・・・・豊かな山野感謝せり・・・・・

筐(かたみ)……目の細かい竹籠  

| | コメント (0)

弥生

待望の 潜る冠木も 弥生かな

            ・・・・・友に誘える行事なり・・・・・         

冠木(かぶき)……二本の門柱の上に渡した横木

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »