« 露草 | トップページ | 桔梗 »

草雲雀

撓むる日 須臾に気散じ 草雲雀

           

                    

           ・・・・・庭木にリ~リ鳴き交わし・・・・・

撓(たわ)む     須臾(しゅゆ)‥‥少しの間 

気散じ‥‥憂さを紛らすこと・気晴らし

           

にほんブログ村   俳句ランキングのクリックをよろしく。。。m(._.)m

    人気ブログランキングへ                     広島ブログ

|

« 露草 | トップページ | 桔梗 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

いや、俳句の言葉選び、むつかしいですね。

撓むる日はなんとか読めますが、

須臾に気散じは読めませんでした。

でも、わからないなりに意味をなしているのが
不思議です、絵画に通じるところが有ります!!

投稿: SWING | 2012年9月 6日 (木) 17時18分

SWINGさん、こんばんは(^J^)
いつもコメントありがとうございます。

平凡な詠みばかりでは今一つ芸が無いのと、他の俳人と被ってしまう可能性大なので、そうならない工夫の積りです。

がしかし、これは一寸凝り過ぎのきらいも無きにしもず。。。(笑)

投稿: 木瓜 | 2012年9月 7日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 露草 | トップページ | 桔梗 »